« 2009年6月7日 - 2009年6月13日 | トップページ | 2009年6月21日 - 2009年6月27日 »

2009年6月14日 - 2009年6月20日

2009年6月19日 (金)

フラっと讃岐うどんを食べに行く旅。

想像して欲しい。休日の朝然うどんが食べたくなったarcadiaです。
だったら行くしかないじゃないですか。うどんの国・讃岐へと。
てな訳で突発的に四国へ行く往復500kmの旅。昼飯食いに行くだけ。

ニンジャさん誘って出発。kaniさんも誘ったらOK貰ったので拾う。
明石海峡大橋〜淡路島縦断〜鳴門海峡大橋を経て四国は徳島入り。
長いぜ淡路島。昼飯の予定がすっかり昼下がりになっちまったり。

徳島から高速で高松へ。この辺なら至る所うどん屋だらけだろうと。
…意外にないのな。坂出方面へ国道を走らせるがそれらしい店舗もなく。
昼飯抜きの昼下がり。やたらあるのは大手ファーストフード店という。

誘惑に負けていよいよハンバーガーでも食べようかと思ったら店発見。
セルフうどん屋は格安で短時間に食べられるから素敵なんですね。
…とか思ったらkaniさんの釜たまうどんがいつまでも来ないという。

散々待って食べたのにっぽい、腰がある以外は至って普通の味。
全国に讃岐うどんのチェーン店があるので、本場でなくてもね。
一軒目でその事実に感づいてしまったのが運のツキ。もう美味しくないし。

二軒目は一度行ったことのある美味しい店だったんですけどねー。
舌が肥えたのか、味が劣化したのか、それほどでもないんですよ。
ニンジャさんの激辛ミソうどん(冷やし)はインパクト大だったけど。

一玉ずつとはいえそろそろ腹も満たされて気持ち悪くなる頃合い。
最後の三軒目は落ち着いた雰囲気のみせ。ここは釜揚げをチョイス。
総じて醤油辛いんですよね。タレもつゆもダシより醤油が多い感じ。

いい加減腹も一杯で、丸亀近辺では店を探すのも大変でしたよ。
半玉ずつ食べられるプランがあればいいのになと思うんですが。
しばらくうどんはいいやと思いつつ瀬戸内海を渡り岡山経由で帰宅。


結局ETC使っても橋があるのでびっくりするほどは安くない旅でした。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2009年6月18日 (木)

能登いいよ能登半島制覇の旅・第九夜

朝の目覚めはいつもながら健康ランドの仮眠室。文無しですからね。
とか言いつつ昨晩食事を摂れなかったkaniさんの為に寿司の土産を。
流石何食っても旨い店だけあって穴子が絶品。土産なのに食べる僕。

まー福井からなら何度も行き来した道ですし、消化試合みたいなもん。
…あれー?いつもと違う道に突貫していくTaideRさん。どこへ行く?
幹線道路から外れ山深くなったと思ったら、不気味なトンネルが。

車一台分の幅で、信号が付いてるのを確認しただけで躊躇無く突入。
中は真っ暗で目が慣れるどころか完全にシックスセンス走行に。
後ろにTDRが居るので減速もできないし、何とか前に着いていく。

…バイザーを上げた瞬間天井から落ちてきた大粒の雫が眼球直撃。
もうパニックです。コンタクトがぶっ飛んだ可能性だってあるし。
痛い見えない怖いでも停まれないなら、十字切ってスロットルオン。

これで怖いものは無くなったんで、後は開け開けで帰路を急ぎます。
今回はバイクが新しいので、機械的なトラブルは皆無でしたね。
カブの場合だとウインカもげたり転倒したり焼き付いたりしますね。

同行のトラブルと言えば、アクロスの冷却水漏れぐらいでしたか。
自分のブレーキペダルを踏み抜いて壊したりした人も居ましたが。
旅の序盤にメットを海に落としたり、地図忘れて一人になったり。

まーそれも旅の思い出を彩る要素の一つで、困ら無ければいいや。
そうこうしつつ一行は何とか無事に出発の地に帰還成功なのです。
その場の話題が「次にどこ行く?」ってのは流石。なタフですよ。


近日公開:とか何とか言いつつも旅には出てしまったりしますよ。
しかも一つじゃないぜ。だから文章がまとまるか不安なんだぜ。
四国・山陰そして首都へ。全ての旅はその場での行き当たりに拠ると。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2009年6月17日 (水)

能登いいよ能登半島制覇の旅・第八夜

砂浜が硬く締まって車両が通行出来るというなぎさドライブウェイ。
国道にも関わらず路肩(波打際)に多数停車してる光景は不思議。
当然我々もそこに陣取り夕日を眺めようとした所でトラブル発生。

バイクのスタンドだと砂地にめり込んで倒れてしまうですねー。
仕方なく脚でバイクを支えながら写真を撮ってもらうことに…。
まー後で板を拾って噛ませたらすんなり解決したんですけどね。

美しい光景にシャッターを切りまくる一行は結局日没まで滞在。
撮ったり撮られたりと野郎ばかりでカップル海岸を跳梁跋扈。
あとのイベントは福井市内まで戻るだけですから、全力ではしゃぐ。

宿に到着したのが21時。日中走っても結局夜間走るんですよねー。
TDRで疲弊したkaniさんが晩飯も食わずにダウンしてしまいました。
仕方なく残った二人で行きつけの寿司屋で舌鼓を打つのでした。


次回予告:いよいよ旅もフィナーレへ。家に帰るまでがツーリング。
ただ、ネタの神様は中々我々を手ぶらでは帰してくれません。
突然現れた暗く濡れたトンネル内で謎の攻撃を受けてパニックに。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2009年6月7日 - 2009年6月13日 | トップページ | 2009年6月21日 - 2009年6月27日 »