« 2010年6月27日 - 2010年7月3日 | トップページ | 2010年7月11日 - 2010年7月17日 »

2010年7月4日 - 2010年7月10日

2010年7月 9日 (金)

散々値切っといてよく言うぜあの客みたいな。

小言を一言言うのです。言葉が見つからずに言い出せないarcadiaです。
「言」が多いのはご愛敬。これくらいじゃゲシュタルト崩壊もしないでしょ。
…よく起こすんですよゲシュタルト崩壊。細かい書類とか本当に苦手です。

iPhoneを見に行ったらうっかりビデオカメラを買ってしまったのが先週のこと。
希望するカラーモデルを取り寄せて、昨日電器屋に受取に行ったんですよ。
帰宅して開封したらSDカードがないんです。本体だけ。あれー?何でかな。

営業さんが、裏方に「お客様には言ってませんが、メモリーサービスで」と。
…そう背中越しに言ってるのを聞いてたんです。まぁ言われてませんけど。
引換時に提示して下さいと渡されたレシートにはメモリーと記載があるし。

カウンターに出向くと、お名前をどうぞと。告げると商品が出てきました。
保証書にスタンプ押して、渡されたのでどーもーと受け取って帰宅ですよ。
そーかーレシート要らなかったのかと思ったら、そういうことみたいです。

単なる入れ忘れなんだけど、言われてないしオマケがないぞと言うのもなー。
16とか32GBのSDHCカードならともかく、小さい容量のオマケは微妙だろう。
合って困るもんでもないけど、無くても構わないくらいだから困るよなー。

何よりそれにがっかりした自分が切なくて、言葉に出来ないんすわ。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2010年7月 8日 (木)

2828がノンストップだぜ。

ボーナスが入ったからって散財し放題。なのに財布は空っぽなarcadiaです。
CL7のクラッチペダルを踏んだら「ギー」っていうのが気になって気になって。
ディーラーにてミッションオイル交換のついでに注油して貰ったんですがね。

つーことでマスターシリンダを交換。二日の代車生活を経て久々の対面。
…クラッチ軽っ。いつもの半分くらいの踏力しかいらない。なんだこりゃ。
ER34くらい軽いね。軽すぎてエンストしたもん。つか元のマスター酷いな。

オイル換えてギヤの入りもいいし、ペダルの切れもいい。人間が追い付かない。
身体に染み付いた手足のシフトチェンジのタイミングが狂ってミスを連発する。
クラッチ切ってから何をするんだっけ?と健忘症になるほど違和感があります。

いいよマスター交換。ついでにブッシュ交換見積もったら結構いい値段なのね。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2010年7月 6日 (火)

相変わらずの半音ばっか構成さ。

自分のコード採譜能力に著しい低下が見られることに愕然arcadiaです。
自分の作曲なのに、コードの見当が付かないなんて。つかコードって何?
ギターをジャカジャカ弾かないから、ルート音以外のコードを忘れがち。

多分この構成だろうと、吹き込んだボイスメモに合わせて弾いてみる。
…なーんか違う。時折気持ち悪い音が混じるんです。これはルートが違う。
B♭?E?感じではD始まりだと思ったんだけどなー?ありゃわかんないや。

散々色んなコードの組み合わせを試しても、一向にハマる気配がありません。
うーん。気分転換に一番響くオープンのadd9コードをじゃらんと鳴らしてみる。
…あれ?これは?響くコードを順に鳴らしたら妙にしっくりくるのは何故?

何のことはない、完全脳内コンポーズ楽曲なのに、手癖のコードで作ってる。
楽器からも解き放たれると、メロディって自由に浮かぶと思ったのになー。
結局よく鳴らすコードに沿って思い付いた音符の羅列に過ぎない訳だな。

最近の作曲は曲先から詞先・同時にシフトしてるな。なるべく簡単な感じで。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2010年7月 5日 (月)

打ち込み待ちの楽曲が貯まってるんだぜ。

定時に終わる生活 音楽室 更新しました。
今回はトリップするお話です。

研修。それは講師の技量が試される時間。支離滅裂な内容に萎えるarcadiaです。
ただテキストを時間内に喋ればいい訳じゃないんだぜ。かい摘まみ過ぎだ大将。
知ってる内容だったし、重要項目を箇条書にしたら二行だったから笑えない。

あんまりにも酷いので、鞄から100均ノートを取り出して作詞を始めました。
…はかどるのな。作詞作曲を同時進行でイントロ→メロ→サビのAB共に完成。
転調入れるか入れないかで迷ってタイムアウト。次の研修に移ることに。

譜面書いてると先に進まないので、脳内歌唱でリフレイン&リフレイン。
物語の主人公に成り切って記述する主観法で短編をまとめるみたいな作業。
よくありそうな90年代メロディだから簡単にまとまって携帯で備忘録音。

転調も適当に書いてありゃ完成しちゃったぜ。しかも割といい曲みたいだし。
簡単構成だからヴォーカルがその都度アレンジしても歌えるな、こりゃ。
コード付けてアレンジすりゃ手軽に一曲。今日は研修来て良かったと思うね。

肝心の研修は最後にテストがあって、聞いてない俺涙目。まぁ及第点だがな。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2010年7月 4日 (日)

安物買いの美学極まれり。

突然ですがギター買いました。エピフォンのES-335。安物買いarcadiaです。
定価も安けりゃ売価も安い上にオークションの中古取引ですから更に安い。
作りや出音には期待してなかったんですが、思いの外生音も出るし万事OK。

妙に弦のテンションが緩くて太弦がフレットでビビる以外は特に大丈夫です。
フルアコのカジノより生音が響くのは意外。本家335もこんなにしないぜ?
ラッカーもニスも塗布してないモデルだからか?音は荒いけどデカいもんな。

ネックが太いとか、バインディングが角張って痛いとかは個性だもんな。
でもこのアコギか?って生音と値段を考えたら上出来なんだと思いますよ。
まだアンプ通してませんが、純正搭載のハムバッカーなら馬力ないだろうし。

そう、カジノとも迷った理由がピックアップ。シングルが欲しいのです。
不満があればP-90とかに換装すればいいやと思いましたから買ったんだけど。
エレアコ(ピエゾPU)でも歪みが拾えるし、特に困らないかなーと考えます。

レスポールを弾いたときにがっかりしたんですよ。あの響か無さ具合に。
トレモロの付いたストラトや裏通しのテレキャスには感じなかった感覚です。
その点がずーっと引っ掛かってて、セミアコ選びでも基準になってました。

こりゃ意外な拾いモノかも知れない。いや買ったから拾ってないんだけど。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2010年6月27日 - 2010年7月3日 | トップページ | 2010年7月11日 - 2010年7月17日 »