« 2011年4月3日 - 2011年4月9日 | トップページ | 2011年4月17日 - 2011年4月23日 »

2011年4月10日 - 2011年4月16日

2011年4月16日 (土)

昨夏は猛暑だったのか、忘れてたね。

暑いって感覚をすっかり忘れておりました。衣替えarcadiaです。
ま、ニットのベストを脱いだだけなんですけどね。洗うからね。
シャツ+ジャケットで自転車乗って客先へ行った所まではOK。

中で取材撮影の仕事をして、ファインダー越しの恋を堪能する。
…何か前髪が貼り付くなーと思ったら顔から滝汗。うおっ何だ?
また自律神経が馬鹿になったか?と思いましたか、単に暑いだけ。

取材すんのに汗ぬぐいながらじゃ気持ち悪いだけだよなーと反省。
単にジャケット一枚脱げば良かったのに、後で気付く体たらく。
また温かいものをご馳走になったもんだから、輪を掛けて汗だく。

取材を終えてジャケット脱いで、自転車に乗ったら今度は寒い。
汗が冷えるのと、寒暖差で思ってる以上に身体が冷えてしまう。
その日一日なんだか調子が悪いなーと思いつつ、やり過ごす。


…翌日から逆に冷え込んで寒いのな。風邪引いたかと思ったさ。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2011年4月15日 (金)

思いを形にするのは大変だね。

そーか、デジタル一眼でも動画撮れるんじゃん!arcadiaです。
歌手のPVみたいにボケ味を生かした動画の撮り方を考えてまして。
あれは画像処理なのかなーとか思ってましたが、気付けば簡単な。

とはいえ、動画を撮影出来るデジイチってのはあまりなさそうな。
あっても時間制限があって、何十分も録画できないってことらしい。
うーん。それじゃそれこそPV以外に使い道がないなー。

まーフォーカスが合わせにくいので、止め絵にはなるんですがね。
窓際で座ったまま歌うシーンとかが映えるカットを想像すればいい。
奥行きとある程度動かないけど動きのある被写体って条件が厳しい。

綺麗に撮るのと、味のある撮り方とは全然違うとこですよね。
広い画角の中、何処を目立たせて何処を抑えるかが見せ場かと。
たまたまですが、携帯の内蔵カメラでもいい 写真が撮れたことも。

静止画と動画って違いは大きいですね。うまくいきません。
ならば静止画の技法で動画を撮れないか、と今回の考えに至った訳で。
素人機材じゃ中々なのかなー。そあう思考停止するのは勿体無い。


色々試してみますか。大丈夫、今までだってそうしてきたんだし。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2011年4月12日 (火)

信号待ちをしてたら、対向車線の軽自動車が真っ直ぐ通過してった。携帯電話って恐いねぇ…下手すりゃ大事故だぜ?それ。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

鳴き砂の鳴かせ方。

琴引浜ってご存知ですか?鳴き砂のある砂浜ですよ。arcadiaです。
全国に色々存在するらしいので、一ヶ所行ってみたんですよ今回。
結論:鳴き砂は楽しいですね。一時間以上砂浜で遊んでおりました。

全日が雨で、砂のコンディションは6割方ってとこらしいです。
砂は乾いてないと音が出ないんですね。係の人にレクチャーを受ける。
砂の中に石英が沢山含まれてると鳴き砂になるんだそうな。へー。

砂の表面を軽く素早く撫でるとキュッという。でも上手く鳴らない。
相方は早くも鳴らし方をマスターして、裸足で砂浜を荒らし回る…
綺麗に整地してあった波打ち際も、同じサイズの足跡でいっぱいに。

ボランティアの方が清掃や維持管理をされてて、浜は常に綺麗。
岩礁が引き潮で立ち寄れるから、海の生物とも身近に触れあえます。
…いいところですねぇ。穏やかな天候に、いつまでもブラブラと。

駐車場代500円は、ボランティアの手間賃にもなりませんけどね。
払うだけのことはありますよ。親切に色々教えてくれますし。
そろそろ水着着用ですが、温泉の供給も始まるそうな。へーぇ。


紫外線対策だけは気を付けて。顔が真っ赤になりましたから。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2011年4月11日 (月)

決断力が足らないのです。

実機を見て実像を見ず。思わぬ伏兵にうろたえるarcadiaです。
いやね、キーボードを見に、シンセ専門店へ赴いた訳ですよ。
もうKORG X50でいいやと思って、実際に触ってみようかと。

店内にはRoland Juno-Di、Gi辺りの競合製品が陳列してあります。
…X50は箱の中で展示機はナシ。でも価格は下がってお買い得っぽい。
店員さんに用途を伝えて、オススメ商品を紹介してもらうことに。

X50の後継機、PS60か。いや調べたけど出たばっかで高いんだよなー。
実際に触ってみる。おぉ。これはライブ向きの簡単操作じゃないか。
音色を変えるのに、パラメータを呼び出したりする必要がないのね。

プリセットの音色で足りるなら、これが一番使いやすい気がします。
真ん中にでっかくピアノなりエレピなりのパッドが配置されてます。
細かい音色は各パッドの上方に切り替えスイッチが並んでいる、と。

しかもパッド複数押しでレイヤー重ね出来るんですよね。これはいい。
ピアノとストリングスを同時に鳴らすのが簡単に選択出来るんですよ。
X50はメニューから階層を潜っていかないと重ねられないんですって。

どうせプリセットで足りるから、シンセ機能なんて正直不要なんです。
軽ければ軽いだけいいし、音が出しやすければ出しやすいのが一番。
GM・GS音源のMIDIを鳴らすだけなら安いキーボードでもいいけれど。

収録されているPCM音源は、ペナペナのガワに比べて結構太いんです。
バンドサウンドを生音っぽく再現するには、これで充分じゃないか。
あえてピコピコなサウンドを添加するような楽曲は未だないしね。


ただ高い。これなら中古のJuno-Gが買えるもん。そっち買うわな。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2011年4月3日 - 2011年4月9日 | トップページ | 2011年4月17日 - 2011年4月23日 »