« 2012年4月1日 - 2012年4月7日 | トップページ | 2012年4月29日 - 2012年5月5日 »

2012年4月15日 - 2012年4月21日

2012年4月18日 (水)

エコに我慢は禁物なのです。

第三のエコカーに乗る。次世代スタンダードか。arcadiaです。
事務所に配備されてるミライースはまだ1400キロ。新車でやんす。
軽自動車はセダンに限ると常々思うんですが、果たしてどうか。

グレードは真ん中くらいですか。いわゆるフル装備で過不足なく。
CDオーディオにマニュアルエアコン。うむ、充分ですよね。
モノエンジン、モノミッションだから装備重量の違いのみ。

シートリフターが無いんですが、割と高めの設定だと思います。
眼前にガラスと屋根の境目が迫ってて、圧迫感のある乗車位置。
屋根がラウンドしてるから、高さ自体は充分なんですけどね。

走り出しに不満はありません。CVTがうまく動作しています。
低速域では、そこまで回さなくてもと思うくらい低いギアリング。
そこからは動きが緩慢になりますが、Dレンジでも大丈夫。

よく見たらDの次はSレンジ→Bレンジになってる。エンブレ?
Sにすると回転を高く保ちます。でもエンブレは起こりません。
それはBでも同じこと。やっぱCVTにエンブレを望むのは酷か。

ボディはがっしり。動きは軽やか。タイヤはガチガチに硬い。
雨で濡れた路面でターンすると、リヤがあっさり出るのはどうかね。
ブレーキはグイグイ効くし、乗ってて退屈にはならないのは偉い。

アイドルストップの条件が結構厳しくて、あんまり止まりません。
スイッチでオンオフできますが、自動的にオフになってることも。
止まらないとエコにならないので、その辺は気になるところ。

マツダみたく舵角があったらストップしない制御は入りません。
通常のスタータですが、始動時にストレスは感じないレベル。
インサイトとかより早いんじゃないかな?エンジン掛かるのは。


センターコンソールに給油口開閉ノブがあるのは何故何だろうね。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2012年4月16日 (月)

屋根と電線に配慮する鯉のぼり。

端午の節句は男の子のお祭り。つまり男祭り。何か嫌。arcadiaです。
嫁の両親が息子に鯉のぼりを買ってくれました。初節句ですもの。
庭付き戸建てに住まう者として、頂いたものは飾るのが礼儀。

立てるポールは旦那の両親が用だてました。値段見て驚きましたが。
これ、フルセットで揃えようもんなら、若夫婦は赤貧生活ですよ。
買ってもらえたので何ともないですが、物凄く値の張るもんです。

また設置方法が大掛かり。1m強の穴を掘り、土台を組むんだと。
庭を掘削、コンクリで基礎して治具で水平出す…って工事じゃん。
それをやるから手伝えと父親が言うのが土曜日の昼前のこと。

庭の一画をスコップで掘る人力工事の始まりです。マジすか。
1m以上掘るには、1.5m四方掘らないと中で作業が出来ません。
土葬のために、墓穴を掘るが如く。固く締まった土を崩していく。

掘ったら位置決めをして、水平を出した治具を設置して固定する。
コンクリートブロックで挟んで、河原で拾ってきた大小の石を詰める。
後は掘り返した土を戻しては棒で突いて詰め込んで締める作業。

帰省した妹の旦那を捕まえて肉体労働に従事させる鬼畜な親父。
それをいいことに適当に手を抜きながら手伝う鬼畜な義兄…。
それでもヘロヘロになるんですから、土木工事は大変なんですね。

夕方に屋根より高いポールが立ったときには壮観でしたね。
翌日に鯉のぼりを泳がせましたが、風が吹かずに吊るして終わり。
デッカいカジキマグロを釣り上げて自慢する人みたいな感じに。


息子はこの光景は覚えてないだろうなぁ。大変だったんだぞ?

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2012年4月1日 - 2012年4月7日 | トップページ | 2012年4月29日 - 2012年5月5日 »