« 2012年2月19日 - 2012年2月25日 | トップページ | 2012年3月4日 - 2012年3月10日 »

2012年2月26日 - 2012年3月3日

2012年2月29日 (水)

未来のパワーユニットはまだ先の話。

先日VWパサートに試乗してきました。買い替え予備軍arcadiaです。
その際にゴルフも試乗してきました。グレードはコンフォートライン。
1.4リッターのシングルチャージ。つまりパサートと同じエンジン。

同じく4名乗車で同じコースを走行。DSGも同じ乾式7速。ガラだけ違う。
流石に装備は落ちますが、実用車として見れば豪華なんだと思います。
横幅の狭さは感じますが、後席の広さはあまり変わらないとのことです。

左足で踏んだブレーキから、発進するために右足でスロットルに踏み替える。
2拍くらい空いてエンジンが吹けてクラッチが繋がる。…これはイカンよ。
坂道発進時のヒルホールドや、擬似クリープみたいなことは出来るのにさ。

DSGの設定はパサートも同じです。ブレーキオーバーライドでもないよな?
走行中に左足ブレーキ踏んだら出力は絞られるでしょうが、停車中だぞ?
スクーターのVベルト変速に似ていますね。予め吹かせれば違うんでしょうが。

やっぱり脚が硬い。後席は特に突き上げがパサートより大きいそうですね。
下から二番目のグレードだから、タイヤハイトだってものすごく高いのに。
…これでゴルフRの18インチなんて、どんだけ硬いんだろう…想像出来ない。

普段が無限ダンパーの最弱ですから、純正ダンパーより柔らかい設定です。
そんな生ぬるい脚に慣れきっているからでしょうか。硬い脚が不得手に。
今はスタッドレスで55扁平だもん。尚更大きい入力には弱いのかも知れません。

同じエンジンとはいえ、ゴルフよりパサートの方が燃費性能は上だそうで。
走りに関しても、重量差とかはあんまり感じません。どっこいどっこい。
踏んだところでメーター見ないと速度感はない。1.4リッターターボ?これ。

TaideRさんにも指摘された通り、ハッチボディだとEP91と比較してしまう。
900kg台のボディに1.3リッターターボで矢のように加速しましたからねぇ。
最軽量でも1.2トン以上のゴルフにその辺を求めても仕方ないことですかね。

結論。やっぱGTI以上でないとパフォーマンス的には満足出来ませんね。
多分ツインチャージャーのハイラインでも、上の回転域は一緒でしょうし。
ですんで営業さんにもGTIの出物が入ったら連絡くれるようお願いしました。


…うーん、やっぱDSGはもうちっとかなぁ。燃費制御がなきゃいいんだろうが。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2012年2月28日 (火)

クルマ自体がそんな味なのかも知れないね。

欧州人もすなる小排気量ターボなるものを試すarcadiaです。
最寄のVWディーラーが認定中古車を扱いだしたんで突貫。
ま、ゴルフRが見たかっただけなんですけどね。実際は。

ゴルフGTIを引き合いにだして、予算を伝えて何台か見せてもらう。
ほぼ新古の現行パサートってこんなに安いの?国産と変わらない。
1.4リッターって排気量はともかく、このサイズなら大満足。

4人乗車で助手席に座ると、発進時に多少ギクシャクする。
変速ショックはないけど、ロボタイズMTってのは納得します。
これが運転してみると、不思議と気にならないんですよね。

担当さんからは、ツインチャージと聞いていたんですが。
確かに低速からスルスルッと加速する。1.4リッターではない。
…後で調べたら、ターボだけでしたがね。120ps/20kg-m。

結論。60km/hまでならこれでよし。総じてパワーは足らない。
常にスロットルを7割踏んでて、床までの余裕はありません。
んで全開にするとターボが効いて上まで回って使いにくさ。

ま、絶対値が知れてるんで、加速したところで手に追えなくはない。
ツインチャージだと思い込んでた故の肩透かしは否めませんがね。
これで充分なんじゃね?と逆に思い込めばものすごくお得な買い物。

室内の質感も高いし、装備も充実。実物は意外と高級感があります。
車高やエアロパーツレス故の腰高感とかは好き好きだと思います。
寸法の割に室内は大して広くないってのが唯一の欠点らしいトコ。

エンジン特性というより、DSGのマナーが大人しすぎるんですかね。
電制スロットルに対して反応が鈍く、加速が欲しい局面で不足する。
ギヤが7段ってのも考えもので、高く保とうとするから走りません。

やっぱ排気量なりのパワーだよな。2リッターや2.5リッターはない。
1.5リッターのカローラよりは踏んだら走るよね、くらいな印象です。
この高いハイトのタイヤでビシビシ来る足回りは、やっぱり硬いし。


回生制御なのか、エンジンブレーキがほとんど効かないDSGはどうかね。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2012年2月27日 (月)

今度行くのはいつになるやら。

海のミルクとは言いようですが、旨いもんは旨い。arcadiaです。
正直、貝類全般が得意とは言い切れません。味が強すぎますから。
でも、旨いもん、旨く調理されたものに関してはやはり旨い。

という訳で、牡蠣料理の銘店にみんなで行って参りましたよ。
小さい頃に一度家族で来たことのある、冬季限定開業の店舗。
それまで食べられなかった牡蠣がイケるようになった思い出の店。

単品もオーダー出来ますが、基本的には定食メニュー2種のみ。
普通の定食(4,500円)か、刺身がつく定食(5,500円)だけ。
年内なら刺身は生牡蠣になるんですが、今は普通の魚になります。

3人で定食をオーダー。これだけでも結構な金額になりますよね。
最初に突出の酢牡蠣、続いて土手鍋、牡蠣フライ、牡蠣飯の順で。
書くだけだと少なめですが、結構な量の牡蠣を食すことになります。

…酢牡蠣旨いなぁ。20年前はこれだけ追加で頼んだ記憶があります。
旨みはあるのに、臭みが全くないんです。どーやったらこうなるの。
ナベも割り下に味噌を溶かしながら煮て、生卵を付けて食す。旨い。

旨いな畜生め、と口を付いて出る。酒が欲しいなと全員揃って言う。
サイドメニューで気になった燻製オイル漬けを試す。うわっ旨い。
スモークチーズみたいな感じで、旨みと香りが凝縮された味わい。

牡蠣飯は一組ずつ羽釜で供される。山葵と海苔を載せてダシを掛ける。
あー。旨い。そして多い。3人がおかわりしても尚1食分ほど余る。
ナベのシメにうどんを頼んで汁まで食す。4,500円出す価値はある。

増築を繰り返してトイレまでの道のりがダンジョン攻略になったり。
予約せずに行くと急遽対応に奔走されたりと色々ありましたけれど。
滅多と行かないリッチなランチを楽しめました。是非生牡蠣も欲しい。


ステマにならぬよう店名は伏せましたが、知ってる人は行ってみて下さい。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2012年2月19日 - 2012年2月25日 | トップページ | 2012年3月4日 - 2012年3月10日 »